増やしてほしいです

麻酔医が足りないそうです。困ったことだと思います。なにかあったら、手術もしないといけないだろうし、麻酔の重要さは、皆が知っていることだと思います。

平和な世の中ではないのですから、早く、増員しておかないと、対応できないのではないかと思います。麻酔なので、薬学部の学生を麻酔医の特別枠として転向させるといいと思います。薬の重要な知識を網羅しているからです。そこは重要です。麻酔の特化した、資格を出すべきでしょう。

大事なものも、すべて一人でになってきたのでしょうが、医療技術が進むと、一つひとつが高度な技術を必要とするのではないかと思います。いままでどおりが利かなくなってしまったのではないでしょうか。機械でもなんでも進化しますから、人間が、AIのようにすぐに進化するのは難しいでしょう。

日本が急に困って、外国から助けを借りるにせよ、言葉だって、すべての人が英語を話せるわけでもないでしょう。技術の高いのですから、世界に輸出するという意味でも、麻酔医を増やした方がいいと思います。世界で活躍できるでしょう。

また、この薬剤師の多さも、医師への別ルートのなり方として、作ってほしいです。だって、たくさん私立大学がありすぎて、医学部に次ぐ学部でありながら、研究者になれるチャンスもそう多くはないのです。もったいないと思います。

麻酔医が不足しているなら、税日、この分野を活用してほしいのです。薬の間違いも少なくなることでしょう。細かな配慮も行き届くと思います。
たまたま、病院も混雑していないときであれば、十分な麻酔医の先生に対応していただけますが、込み合っていると、かちあうことも多いでしょう。

増やしておくことに、問題もありません。もしくは、別の仕事の分野を作るということも必要かもしれません。それに特化した、仕事です。

素人が訳も分からないことを言いますが、急には増えないということはわかります。早く養成してほしいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です