思いを届けることで人生が変わる。ミスチル×高橋一生のショートムービーに興奮。

言わずと知れたモンスターバンドMr.Childrenと人気急上昇の俳優・高橋一生がdocomoのショートムービーで共演することが発表され興奮がおさまらないでいます。
今年Mr.Childrenはデビュー25周年を向かえました。

先日のライブに参加してきましたが、20年前の曲も今年の新曲もどちらも同じように素敵で決して色褪せずに歌われていることに驚きました。
曲を聞けば、当時聞いていた頃の思い出が鮮明に蘇ります。

音楽には記憶を包み込んで記憶する魔法のような力があって、普段は思い出せないようなことでも音楽とともに呼び起こすことが出来ます。

この曲を聴いていたときに一緒に聞いていたあの人はいまどうしているかぁ・・・なんてセンチメンタルになることもしばしば経験があります。
爆発的に売れたバンドであるからこそ、たくさんの人の耳に届き、心に残り、実にたくさんの記憶を内包しているはずだと想像できます。

また、高橋一生さんは人気が出たのは最近ではありますが、芸歴は長く10歳のときより芸能界に身を置く役者さんです。
彼の独特の間合いの取り方や、目線の動かし方、時折見せる悲しげな表情、無邪気に顔をくしゃくしゃにして笑う顔など
彼にしかない魅力を持っている人です。

役柄も口数の少ない秘書や野望に燃える警官、嘘を隠し通そうと平然を装う夢追い家、イカれた社長など様々で
どれも似通うことなく演じ分けている実力派の俳優さんです。

そんな輝きを放ち続ける2つがついに共演してしまうのです。
このニュースのリリースに興奮している日本の女子はたくさんいると思います。

この共演を仕組んだdocomoもまた日本の女子の心をつかんでいるという実感があるように感じます。
ショートムービーの予告を拝見したところ、
「たった一本の電話で世の中が変わる」というメッセージがありました。
たった1曲、たった1本の映画にもかけて、思いを届けようとする行為には世の中を変える、人生を変えるようなかえる力があると訴える内容になっているのではないかと推測しています。

わたしもこうして想いや考えを書き綴っています。世の中を変えるような力になればいいなと願っています。
ショートムービー公開は7月18日です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です