バレットジャーナル オリジナルの手帳作り

私は、バレットジャーナルと言って、オリジナルの手帳作りにはまっています。
バレットジャーナルは、完全オリジナルの手帳です。
自分で色んなアイディアをだしながら、デコレーションしたり、お洒落に作るのがとても楽しいです。
手帳といっても、学生さんが使っているような普通のノート。それをいかに可愛く、便利にしていくかが、このバレットジャーナルの楽しみ方だと思います。

私の場合ですが、ノートは無印良品の物なので、表紙がかなりシンプルです。
これをマスキングテープをっ使ったり、色紙や包装紙、人によってはお洒落なお店の紙袋などでデコレーションして楽しむんです。
でも私は、楽しみは最後にとっておくタイプなので、未だにシンプルなままの表紙です。

それよりも書き加えるのが楽しくて、ワクワクします。

まず表紙を開き、1ページ目は目次です。
ページの下の隅にページ数を書き込んでいきます。もちろん、全ページです。面倒と思う方もいらっしゃると思います。でも、この細々したのが以外にハマるんですよ。

そして、実際ノートに書き込む時は、上の方に、そのページのタイトルを書きます。
そうすれば目次には、タイトルとページ数が書き込めると言うわけです。

目次のページは後から沢山書き込むので、少し余裕を持たせて記入します。
そして、次のページは年間のカレンダー、次は月毎のスケジュールなので、1ページ使って日にちごとにメモがかけるように線を引いたりします。
そして、毎日の日記がかけるように線を引きます。

次は習慣としているものが、しっかりと毎日できているかかをチェックするページ、その後は自由なページでメモ等をします。
でも次々とアイディアが浮かぶと追い付いていけません。

次は何を書こうか考えるのがたのしいです。
ぜひ見なさんもバレットジャーナルにチャレンジしてみてはいかがですか。
書くことが面倒とお考えの方には、あまりむきません。コツコツと気楽に楽しめます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です