たしかに、そういう季節ではあるが・・松茸〇〇

秋になってきました。今年は秋刀魚が不良だったり日照不足でお米も不作かも。とニュースで報道されています。
そんな中、最近松茸が出回ってきました。と言っても松茸自体はまだ早いらしく出回ってきたのは松茸〇〇、つまり松茸風味の色々なものてがでてきました。
例えば、松茸風味の焼きそばとか、松茸風味のクリームスープとか。今年は松茸風味の〇〇の種類が多様化してるような感じがします。
私は手塩屋というおせんべいが大好きで、特に主にコンビニで販売されている季節限定の手塩屋をよく購入しています。
梅味、シソ味、シークワーサー味とか洒落た味のおせんべいが限定の手塩屋でコンビニに置いてあります。
で、去年はなかった(はず)の新しい手塩屋が・・。
そう、松茸味の手塩屋おせんべいです、とうとうここまできたか、松茸。
思わず、購入して早速夜食に実食しました。
手塩屋おせんべいは元々基本的に、だしの旨味が非常に強いのですが、松茸味の手塩屋はとにかく松茸風味がめちゃくちゃ強い味でした。
あまりいい表現ではないのですが、某ふりかけメーカーの松茸のお吸い物の味でした。ごはんの上に松茸風味の手塩屋をふりかけてお湯かけたら間違いなく松茸雑炊って感じです。
私には松茸風味が強すぎであまり好きではなかったです。
最近は色々なフレーバーが簡単に創作できてそれを色々な食品に合わせて販売しますので色々な味の食材ができる時代にはなっていますね。昔からならバーベキュー味とか、最近ならパクチー(まだ手塩屋にはないけど将来はありそう)とか。
松茸も本体が高級品だからフレーバーを付けて色々商品として販売してしています、すごい時代です。
私は松茸の手塩屋は今一つでしたけど将来松茸風味のアイスとか、松茸風味のプリンとかチョコレートとか販売してもおかしくないやろうなぁと感心しています。
きっと、松茸風味のキノコ(??)も販売する時代もやってきそうな時代ですね。
今年は本物の松茸を実食したいなぁ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です