応援したくなる存在

フィギュアスケートを観戦するのが好きでよくテレビで見ています。以前は浅田真央さんの演技が大好きでテレビの前でいつも正座をして見ているほどでした。

 

でも、残念ながら引退されてしまいました。けれど、次々と若手のスケーターが活躍しまだまだ楽しませてくれそうです。

特に好きなのは三原舞依選手です。彼女は浅田真央さんを憧れと公言していますが、気品のあるところは似ているように思います。

 

成績も四大陸選手権初出場で初優勝、世界選手権でもショートでミスがありながらも15位から5位へと一気にフリーで巻き返すところも浅田さんを彷彿をさせるような演技でした。

先日、朝日新聞で三原舞依選手と坂本香織選手が一緒にインタビューを受けている記事を見ました。

 

2人とも同じリンクで一緒のコーチについて練習をしています。コーチが中野園子さんというです。

2人とも2015年に足のケガをして休養している時期がありました。三原選手は2015年の年末、全日本選手権を病室で見ていたというのは有名な話ですが、先に復帰していた坂本選手を病室で応援していたというのです。

 

逆に、2017年の四大陸選手権に出ていた三原選手を坂本選手が家で応援していたそうです。

年齢も似ていてライバル同士だけど、普段は仲が良くて応援し合えるというのはすごくいい関係だなと思いました。

また、以前コーチの話を知る機会があったのですが坂本選手が試合前の練習で練習の合間に一度何も言わずホテルに戻っていたことがあったそうなのです。

その時「そういうところも伝えられる気を遣える選手になって欲しい」と言っていたというのです。選手の技術や成績だけではなくて、人間としての大事な部分を育てていかれてるコーチなんだなと思いました。

そのようなコーチに育てられた2人の活躍をこれからも見続けたいです。オリンピックシーズンですが、伸び伸びとした2人の滑りと笑顔をシーズン通して見られたらいいなと思っています。

久しぶりのフットジェル

久しぶりに、足の爪にジェルを塗ってみました。素足になることが多くなるシーズンになり、他の人の足元を見て、自分もフットジェルをやってみようと思ったからです。

私は普段、手の爪にジェルを塗っていますが、足の爪には特に何もしていませんでした。

 

かがんだ姿勢で足の爪にジェルを塗り、UVライトまたはLEDライトを照射して硬化し、その後未硬化のジェルをクレンザーでふき取るという作業を繰り返すのは、ものすごく手間がかかり、疲れてしまうのです。

ジェルではなくペディキュアを塗るという方法もあります。でもジェルほどきれいに仕上がらず、靴や靴下、ストッキングなどの摩擦ですぐにはがれてしまいます。

 

私はジェルを使う前にペディキュアを塗っていたことがありましたが、習慣にはなりませんでした。

ネイルサロンを利用すれば、手間をかけずにきれいに仕上げてもらえます。最近は1か月あたり5,000円以下のリーズナブルな定額料金で利用できるサロンも増えています。

 

それでもセルフネイルに比べると割高感は否めず、私は利用していません。
そんなわけで、足の爪のおしゃれからは遠ざかっていました。

さて実際にジェルを塗る段階です。いろいろ考えた結果、3回に分けてジェルを塗ることにしました。1回当たりの作業の負担を減らせるし、ジェルは1日や2日程度で落ちるものではないので、3回に分けることにしたのです。

1回目は、左右の親指の爪だけを塗ることにしました。ベースコートを塗ってLEDライトで硬化します。その上にカラージェルを塗り(私が使っているベースコートは硬化後のふき取りがいらないタイプです)、再び硬化します。

その後は未硬化のジェルをクレンザーでふき取り、もう一度カラージェルを塗ります。カラージェルは一度だけ塗るよりも、二度塗りした方がきれいに仕上がるからです。

 

さらにLEDライトで硬化して、未硬化のジェルをふき取り、トップコートを塗ります。

 

最後にトップコートを硬化して、クレンザーでふき取れば完了です。

翌日に、左右の人差し指と中指の爪を塗ることにしました。前日に和室で畳の上に座ってジェルを塗ったらかなり疲れてしまったので、今度は洋室で、塗る方の足をいすにのせて作業をしてみました。

 

そうしたら、1回目よりも疲れがずっと少なくて済みました。
翌々日に、左右の薬指と小指の爪を塗りました。これですべてが終わりです。

久しぶりのフットジェルは、まずまずの仕上がりでした。一度に仕上げようとせず、何回かに分けて仕上げることが、自分なりのフットジェルのコツだといえそうです。

梅雨らしい天気が続く

今年の梅雨はあまり雨が降らないな、なんて思っていました。

梅雨の時期に入ってからお天気の日が続いて、だんだん気温も高くなってきて。

このままあまり雨の降らないまま梅雨は終わっていくのかな、なんて思っていました。

あまりにも雨が降らないので、今年の農作物は大丈夫かな、夏に野菜が高くなるんじゃないのかな、なんて思っていました。

しかしここ2・3日は雨が続いているのでやっと梅雨らしい天気になってきたなと思いました。
でも雨が続くとすごく困るのは洗濯物を外に干せないということ。

我が家は4人家族で結構洗濯物が多い家庭です。

なので洗濯物を外に干せないとなるとすごく困るのです。

一つの部屋を洗濯物を干すスペースとして確保するのですが、もう1日中洗濯ものだけの部屋となってしまって、本当に使い勝手が悪いです。

もう少し広い家ならなんともないのかもしれませんが、我が家は結構狭いので洗濯物が1日干せないだけでも本当に困ってしまいます。

また、洗濯物を部屋に干しているとなかなか乾かないという問題があります。

昨日は子供の学校でプールがあって、翌日も雨予報ですが一応プールがある予定なんです。

そうなると一応持ち物としてプール道具を持っていかないといけないので、水着やタオル類をすぐに洗濯して乾かさないといけないんです。

でもこれが家の中だとなかなか乾きません。

水着はすぐに乾くのですが、タオルがなかなか乾かないのです。
なので扇風機で一生懸命乾かしました。

洗濯物を部屋に干していると、部屋の中が湿気っぽくなってすごく嫌です。

梅雨なので仕方がないのですが、洗濯物を雨の日でも快適に干せるようなスペースが欲しいです。

もし戸建を建てることになったら、洗濯物干しのスペースにはちょっとこだわりたいな、と実現する可能性もないのに夢見ています。

あんまり雨が続いて洗濯物が乾かないようなら、近所のコインランドリーを利用して乾燥機だけでも使ってみようと思います。

教育費・・・さすがに大学院の学費までは考えなくていいだろうに

教育費はいくら合っても足りないぐらい膨大な金額がかかります。

とはいえ庶民であれば、だいたい1000万円を目安に貯金や学資保険で用意していけばいいと思っています。

ところが、何千万円用意しても足りない足りないと悲観ばかりする知り合いがおりまして・・・。

話を聞くと、なんと、私立大学に進学はもちろんのこと、大学院の学費まで用意しておこうと思っているみたいなんです。

その人は自分が大学院まで進学し、親が学費を出してくれなかったので奨学金を借りたのだとか。
卒業しなんとか就職できたものの、奨学金の返済がしんどかったそうです。

それで、こどもにはそんな苦労はさせたくないと、大学院の学費まで用意しておこうと思っているみたいです。

・・・頭のいい人の考えていることは庶民には理解できかねますね。

私は、大学の学費まではまあ用意してあげてもいいかと思ってますが(本当は大学に行きたきゃ自分でバイトして学費捻出してほしいぐらいに思ってますけど)
さすがに大学院は・・・そもそも行かれるか定かではありませんし。

あまり一般的ではないですよね、大学院まで進学するのって。

そこまで頭のできがよいなら、お金出してあげたいと思わなくもないですけど。

でもまあ、大学在学中に行かれそうかどうかわかりそうなものですから、そのときにどうするか、もう大人の思考回路を持っているであろう我が子と相談すればいいのではと思ってます。

でもまあ、大学院まで行って卒業後ニートじゃあ困るから、院卒でそれなりに稼げる仕事に就ける見込みで進学しなければ、大学院進学自体許可しないでしょうね。

それと、院に進学するつもりなら、それこそ大学生の間に家庭教師や塾の講師でもして院の学費をある程度稼げばいいですし。

全額用意できなくても、半分以上用意できれば、足りない分は親が援助してあげてもいいかなとは思います。

まあ、うちの子はまずもって大学院まで進学することはないでしょうから、そんな想定はしませんけど。